ビーグレンのハイドロキノン「QuSomeホワイトクリーム1.9」の実力はいかに?!シミ消しチャレンジ! 60日目

頬にできてしまった3点じみを何としても消したい、薄くしたい!

顔がシミだらけだと、やはり老けて見られがちです。

だからと言って、ファンデーションやコンシーラで覆い隠すのもなんだか嫌。

素肌美人を目指すべくビーグレンの基礎化粧品を使って日々頑張ってみています。

現在【ビーグレン】「90日間シミ消しチャレンジ!」をやっています。

ビーグレンのハイドロキノン:シミ消しクリーム

日々、消えては増え、増えては消えを繰り返している「しみ」ですが、ちゃんと毎日のお手入れをしっかりと続けると徐々に薄くなることがわかりました(肌診断で、潜在的シミの数を数えたりができる)。

今回は、60日目の肌について報告をいたします。

注目して観察しているのは、右ほほの三角に点在する3つのシミです。

2017/03
右頬のシミ3つ

↓2017.9.30撮影
【ビーグレン】「90日間シミ消しチャレンジ!」

【一番感じている変化】

・一番耳に近いところのシミの輪郭がぼやけてきている!

60日間、しっかりと「QuSomeホワイトクリーム1.9」を使ってみてまず、肌全体の【透明感がUP】したことを強く感じました。

それから肌が柔らかくモチモチした感じに。高校生から「肌がプリプリしていますね!」と言われた時は、とてもうれしかったです(笑)。

シミの悩みから解放してくれるだけでなく、肌質もアップさせてくれるのでとても気に入って使っています。

顔全体のシミの一つひとつが輪郭がぼやけて薄くなってきている感じもします。

左目の下のシミ、右ほほの(三角に位置する)三点のシミ、右小鼻のニキビ跡、それからあわよくば鼻筋上の水疱瘡の痕、なんかも綺麗に消えてくれないかなと思っていたりします。

唇の右下には、ごく最近に白ニキビを自分で潰してしまって思いっきり色素沈着してしまったというなんとも情けないシミがあります。

40歳ともなると、傷の治りも遅いし、すぐシミになるし。もっと気をつけないとダメだなと反省します。

右小鼻のシミもニキビを潰してしまって毛穴が開き、そのままここ一年ぐらい色素沈着が抜けず、シミが点在しているというものです。

60日チャレンジしてみたところの気持ちの変化

最近、自然と笑顔になることが増えた気がしています。

シミも徐々に薄くなってきているし、肌質も変わってきたし、プライベートも充実していて毎日ハッピーです(笑)。

使い続けてみて一番良かったなという出来事は、やはり高校生の知人から「肌がプルプルしてて若くなったよね?!」と言われたことです。

プリップリの肌をもつ10代の若者から言われてちょっと舞い上がってしまいました(が、この直後に、「でもやっぱり白髪染めはした方がいいよ」と言われた言葉にはものすごく反省をしました…。見た目は大事。)。

今後も続けたいと思います。

ビーグレンのハイドロキノン製品の良いところ

チューブタイプに変わって、使う量の調整がしやすくなりました。

ビーグレンのハイドロキノンシミ消しクリーム

キューソームの技術があるからこそ、肌の奥にすっと浸透してしっかり成分を届けてくれます。

肌診断で、現在の私の肌の奥には「シミ予備軍」がほぼないことがわかりました(シミ2の数値が良い)。表面にはまだシミがたくさんあります(シミ1の数値が悪い)。

41歳肌診断データ

このデータは、ビーグレンの基礎化粧品を使い始めて半年ごろのデータです(シワがほぼなく、優秀な数値を出しているのは、ビーグレンのキューソームリフトのおかげだと思います)

若い頃からこれまでたくさんの紫外線を受けてきて、肌の奥に蓄積しているはずのシミが徐々に減ってきている!

肌表面だけでなく、肌の奥からしっかりとケアをしてくれるビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」でもっと綺麗になりたい!

近々またビーグレンのサロンに足を運び、肌診断をしてもらってこようと思います。