エイジングケアレーザーでのお手入れ中の乾燥対策は必須

サロンや病院に通っている時も同じですが

レーザーを肌にあてて、エイジングケアや脱毛などを行なっている時は特に「肌の保湿」を心がけなくてはいけません!

まだレーザーの出力が「練習モード」の「低」でのお手入れをやって1週間目ぐらいですが、肌がやや乾燥気味かも?と思うような時がありました。ちょっと肌が粉をふいているような、乾燥で痒いような…。あわてて集中保湿ケア用の美容ジェルを塗ったりしました。これはいつもよりたっぷり保湿しなくちゃと思ったところです。

ミュゼの脱毛サロンでもよく言われる事なんですが【皮膚を保湿して潤いのある柔らかい肌のほうが埋もれていた毛が出やすくなり乾燥気味のガサガサした肌状態よりも脱毛効果が高い】【サロンでのお手入れ後は、レーザーや光りの刺激で肌が敏感になっているので保湿ケアを充分に行なってください】【紫外線による日焼けも肌にダメージを与えるので、サロンに通っている期間は日焼けにも注意してください】、ということ。

トリアのエイジングケアレーザーも同じで、レーザーを照射して肌に刺激を与えているため肌が敏感になり乾燥しやすくなっています。
ケア後の肌の火照りを落ち着かせる為にも化粧水と美容液は【いつもよりたっぷり】使い、しっかり肌に浸透させる必要があります。その他+αで保湿用のオールインワンジェルを塗ったり、化粧水パックをしたり…etc。
結局「いつものお手入れにレーザーケアをプラスするだけ!」ではなく、トータルのお手入れがグレードアップしちゃう気がしますが、そう心がけることによりお肌のエイジングケアができてハリやキメの整った肌が手に入れば問題ないですよねw。

冬も春も秋も日焼け止めは必須

9c8dd59c87aae32b31b0bcada89568e8_s
エイジングレーザーケアの期間中は、日中に日焼け止めをしっかり塗ることは必須なので忘れてはいけません私は通常、平日の日中は室内での仕事をやっていますので、かなりのもやし生活を送っています。普段日光に当たっていないせいだと思いますが、起きてすぐの素の肌(日焼け止めも塗らず、ファンデーションも塗らずの肌:ぜったいこんな肌で紫外線を浴びてはいけない!)であわてて4歳の娘を保育園に車で送っただけで右頬あたりがうっすら赤くなってしまうような超ヤワな肌です(汗。

30代後半ごろから気にし始めたのが顔と首と腕の肌の色が異なる事。顔はたぶん長年化粧をしてきているのであまり紫外線に当たっておらず焼けていない。
腕は、それこそ【夏】にしか日焼け止めを塗らないので冬〜春〜秋にしっかり焼けてしまっている。首筋やデコルテは、たまに日焼け止めを塗ったり手に取ったリキッドファンデーションが余った時等に塗っているので腕ほどは焼けていない…。

最近、特にビックリしたのが首の後ろの日焼け。はっきり言って、首の後ろは盲点でした…。首の前と首の後ろとでは色がまったく違います。長い髪をずっと束ねているようなヘアスタイルなので、後ろの首筋は結構焼けています。

日焼け止めは【夏だけのもの】とせずに、レーザーケアをやっていない時でも首〜デコルテ〜手の甲など露出している部分に必須にするとお肌を紫外線から守れるので美白肌を保つためには重要なのかなと「私は」思います。

結局、完全防備

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
地球での太陽の日差しは、年々過酷に…。オゾン層の破壊により強烈な紫外線がダイレクトに地球に降り注ぐようになってきています。それから現代では、ちょっと昔の田舎道のような木々の木漏れ日もなく、都会を歩いているとアスファルトやビル等による光の反射が猛烈に身体に当たります。

夏の都会は、外出禁止でも良いぐらいに紫外線が強いです。夏になると黒いアームカバーやつばの大きい帽子、サングラス、長袖長ズボン…。そんなに完全防備するぐらいなら出歩かなくてもいいのじゃないの?と思うような正体不明の女性が多々出現しますよね。

一年中、完全防備はちょっとやりすぎですが、できるかぎりの紫外線対策はしておきたいところです。^^